相続登記にはどのような種類があるのか

相続登記には、3つの種類があります。
3つとは、法定相続の場合、遺産分割協議による場合、あるいは、遺言書がある場合です。

まず、法定相続による相続とは、法律上の相続人全員の名義で、それぞれ法定相続分の割合で行われる登記です。
例えば、被相続人に妻と子が2人がいる場合には、配偶者は4分の2、子はそれぞれ4分の1になります。

これに対して、遺産分割協議による相続とは、相続人全員の内で特定の者だけの名義にする場合のことを言います。
この登記を行うことで、不動産を単独で特定の物だけが相続するので、所有者となることが出来ます。
不動産は分割が出来づらい性質を持っているものですので、この方法なら財産の散逸を防ぐことができます。
実務では、遺産分割協議による相続がほとんどの場合に利用されています。

そして、被相続人が遺言書を作成していた場合です。
遺言書が効力を発揮するので、相続人が相続できるようになります。

このように3つの種類がありますので、自分の財産をどのようにして相続していくことになるかを想定して、自分の希望に応じた方法を選んでおくと、亡くなった後の混乱や確執を出来るだけ防ぐことにも役立ちます。
特に、再婚をして子供が先妻、本妻にそれぞれいる場合など戸籍が複雑な場合には、自分の財産をどのように相続して欲しいかも考慮しておくことが賢明だといえます。