子供に相続をさせるには

妊娠中に子供の父親が亡くなった場合、まだ生まれていない胎児にも父親の相続を受ける権利が与えられます。
ただし、まだお腹にいる時には権利は発生しませんので、父親が認知届を出しておくか遺言書で認知すると残しておきます。
いつ権利が発生するのかというと、無事に生まれたときに初めてお腹にいる時まで遡って生まれたとみなされ権利を与えられます。
しかし、死産してしまった場合には、胎児の時にまで遡って生まれたとみなされていた権利が全て消滅してしまいます。
胎児に権利を与える理由の一つとしては、生まれた後の成長のためにお金が必要なため、生きていくための生活費を残してくれた遺産でまかなえるようにするためという考え方が適用されることになります。
また、生まれる前に、その子供の分を含めた遺産分割協議をおこなうことが可能です。
ただし、生まれてこなければ遺産分割協議はやり直しとなります。
そのため、生まれていない状態で遺産分割協議をおこなうよりも、出産後におこなうことがいいとされています。
また、生まれた幼児は未成年なため法定代理人の選任が必要にとなり、その際、家庭裁判所を通して第三者を選任することになります。幼児は発言はできないので、弁護士などの法律専門家を法定代理人にするといいです。

コメントは受け付けていません。