当事者出頭主義とは

当事者出頭主義というのは、法務局への登記の申請にあたっては、必ず申請人またはその代理人が法務局に出向いて申請書を提出しなければならないという決まりごとのことです。
登記は土地や建物の所有権などの権利にかかわる大切なものですので、その事務を行う登記官が、申請人と直接対面して確認することが必要であると、従来は考えられていました。
しかしながら、最近ではコンピューターの発達により、不正防止のためのさまざまな方法が生まれており、そのような方法を使って、自宅にいながらにして申請を行うということも可能になっています。
そこで、平成17年から施行された改正不動産登記法では、時代に合わなくなった従来の対面確認の方法は廃止され、オンライン申請と書面申請を問わず、法務局に出向かなくても済むようになっています。
このようなことから、法務局が自宅から離れた場所にある場合には、書留郵便によって申請書を送付することによって受付をしてもらえるようになりました。
ただし、こうした書面申請の場合については、申請そのものは郵送でも可能ですが、従来の登記済証に代わる登記識別情報の交付を受けるにあたっては、事故防止のため、やはり法務局で直接受領しなければならないことになっています。

コメントは受け付けていません。